アナタは今、なぜ、このページをご覧になっているのでしょうか?

朝起きたら、首が痛い!腰が痛い!体がバキバキで痛い!!(>_<)

…という方は、

を見て、今日、明日ご都合のよい時間に空きがあれば、即!「鍼灸」のご予約を!!

↓↓↓このボタンをクリックすると、ご予約フォームのページに変わります。

当日のお申込みはLINE@をお使いになると便利で早いです。

友だち追加

@cgk7385i

お友達登録をした後、トーク画面から話かけてください。

はじめてトークを投稿される方は、お名前も忘れずにお願いします。

ご希望の日時とメニューをお知らせください。

初めての方は、どこから、どのような交通手段でお越しになられるのかを書いて頂けると、ご案内がスムーズです。


以下のお悩みの方は…もう少し、検索し直してみてくださいね(*・∀-)b

・足腰が動かない→当サロンの施術室は自宅の3階にあります。

・スポーツや部活中にケガをした→スポーツの得意な治療家がいる整骨院がおすすめです。

・介護の必要な高齢者や障がいのある方→往診なども対応してくれる専門院へお問合せください。

・高熱、骨折、湿疹やアザ・紫斑が広がっていく、症状の度合いが激しいもの→病院を受診してください。

・遠くて通うのが困難→アクセス お近くか、通院のしやすい治療院を選ばれることをおすすめします。


これより先は、上記のお悩み以外で検索された方に向けて書いております。

さまざまな不調に悩まされ、数ある治療院Webサイトの中からここへたどり着かれたことと思います。

当サロンのWebサイトをクリックしていただき、ありがとうございます。

 

疲れ、ストレス、首肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、鼻炎、胃腸の不調、生理痛、冷え、体質改善、顔のコリやたるみ・くすみ・肌荒れなどの美容のお悩み…で通われる、30代・40代女性が多いです。

他のサロンと何が違うのか?

小児はりと、脈診による経絡治療で、お子さまやお母さまの不調改善、健康維持、毎日の笑顔のために施術を行っています。

こころと身体の状態を全体的に見て、バランスを整え、誰もが持っている自然治癒力を引き出すことによって、「治ろう!」とするお手伝いをしています。

赤ちゃんの夜泣きから、小学生の鼻炎、チック、中学生の起立性調節障害や学生さんの胃腸の不調、お母さまたちのストレス解消まで、幅広く刺さないはりを使った鍼灸施術ができます。

 

~当院で多いお子さんのお悩み~

1位…チック

2位…鼻水・鼻づまり・副鼻腔炎・鼻炎

3位…疳の虫・夜泣き

4位…夜驚症

5位…便秘

その他、アトピー、アレルギー、ぜんそく、頭痛、下痢、目の疲れ、風邪予防、夜尿症…など

 

メニューの詳細につきましては、以下のボタンをクリックしてください。


予約してみよう!と思ったら・・・

ご予約の際は、予約状況をご確認ください。

月~金 9:00~17:00(最終受付)

土 9:00~14:00(最終受付)

定休日…日曜日、祝日

15分~、30分~と、中途半端なお時間でご予約いただいても構いませんが、2時間程空いている所を選んで頂けますよう、よろしくお願いいたします。

ベッドも、駐車場のスペースも1台しかございませんので、余裕を持ってお時間をお取りしております。

思い立ったらその場で、ご予約フォームからご予約ください。

確認次第、返信のメールをお送りいたします。(定休日、深夜は、翌営業日に返信いたします)

 

小児はりをご希望で、お子さまの前では話にくいことがございましたら、メッセージ欄にその旨をお書きになり、相談内容を書いていただいてもかまいません。

 

LINE@からもお申込みいただけます。

友だち追加

↑クリックしてもエラーになる方は「@cgk7385i」と入れて検索してください。

なお、メール、LINE@による健康相談はお受けできません。

 


まずは養生からはじめてみようと思ったら、ブログへ・・・

◇◆◇最新記事◇◆◇


季節に合わせた養生法をお手紙でもお伝えしております

立春(2月)、立夏(5月)、立秋(8月)、立冬(11月)の、年に4回、サロン通信「お茶にしませんか?」を発行しております。

第1号からのバックナンバーは、

↓こちらのページにあります。


さて、いろいろと書いてみましたが、私も慢性的な肩こり、頭痛に悩むただの主婦でした。

なぜ、40歳目前の2児のママである私が鍼灸師になったのか…?

それは、出産を機に、肩こり頭痛が悪化。

頭痛と腕の痺れで夜中に目を覚まし……続きはこちら

 

気ままに個人的なことを書いているブログは、こちら⇒Naomiママのはり・きゅう・アロマな毎日

「曖昧」という言葉を「柔軟性」という言葉に置換えてみよう。

今まで見えなかったモノがきっと見えてくるはず。

Facebookページ


Instagram


◆◆◆よくある質問◆◆◆