よくある質問③刺さないはりって何?

「刺さないはりって何?刺さないはりってあるの?」(´・ω・`)モキュ?

 

はり=刺す、と思われている方は非常に多いですね( ̄▽ ̄)b

「古代九鍼」といって昔から、鍼の種類はいろいろあったんですよ。

 

よく使われているのは豪鍼と呼ばれるものですが、

文献や遺跡から発掘されている鍼の種類は

←こんな感じ。

 

それを現代風にすると、

←こんな感じ。

刺さない鍼はよく小児はりで使われています。

 

小川も小児はりをする鍼灸師。

刺さないはりは得意分野です。

刺さないはりでお子さまの施術をすると、お子さまは気持ち良さそう^^

それを、大人に行っても気持ちいいのです。

 

科学的なややこしい話に興味のある方はこちらをご覧ください⇒刺さないはりの作用

「刺さないなら誰にでもできるんじゃないの?」

と、思われた方、それは違います。

 

『あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律』の第1条には、

「医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許を受けなければならない。」

と定められています。

 

「はり」と付くものでご商売をされるには、「はり師」という資格が必要になります。

無資格で施術を行うと30万円以下の罰金が課せられます。

 

自分の顔やお子さまの背中などをスプーンでなでなでしてあげる分には違法になりません。

それは業ではないですよね(*^^*)

 

…というわけで、刺さないはりも、ご家庭でセルフケアとして使えるお灸を使用していても、施術をしてもらう時は「はり師」「きゅう師」の資格を持っているかご確認ください。

 

安心してください、

小川はちゃんと持っていますよ!!

 

刺されるのは怖い。

刺激に敏感。

ワーファリンなどの、血液をサラサラにするお薬を飲んでいるので、出血が怖い。

 

だけど、鍼灸治療には興味がある。

 

という方は、ご相談いただければ、刺さないはりのみの施術も承ります。