ブログカテゴリ:小児はり



よく、予防接種を受けてもインフルエンザにかかるのは、流行るインフルエンザの型が予想と外れたから、とかいろいろと言われていますが、そもそも、インフルエンザのようなDNAやRNAのみで存在するウイルスは変化しやすいため、予測が困難です。 しかも冬に流行る病気はインフルエンザだけではありません。...

新年度がスタートして、1ヶ月。 学校で健診を受ける子も多かったと思います。 視力検査も行いましたでしょうか? 急に視力が下がってびっくりした方もいらっしゃるのではないでしょうか? 黒板の字は見えていますか? ジャングルジムに登ったまではいいけれど、降りられないということはありませんか?...

子どもを元気に、ママを笑顔にする鍼灸師おがわです。 睡眠中に身体は作られ、修復されます。 子午流注では、それが子の刻と丑の刻(23時~3時)です。 大人になってから、この時間に熟睡できるようになるには、赤ちゃんの頃からの睡眠リズムが大切。...

こんにちは。 子どもを元気に、ママを笑顔にする鍼灸師おがわです。 新学期が始まると、子どもたちが持って帰ってくる書類の山にうんざり気味…(笑) えー!!そんなもん知らん!と、叫びつつ、何とか仕上げて、子どもたちのカバンの中に突っ込みます。 小学校に上がると『健康カード』というものを渡されるかと思います。...

赤ちゃんは何でも物を口に入れてしまいますね。 当サロンでは赤ちゃんの口に入りそうな物、飲み込んでしまいそうなサイズのものを手の届く所に置かないよう配慮しています。 しかし、なぜなんでも口に入れてしまうのでしょう? 赤ちゃんは産まれてからしばらくの間、外部からの刺激をあらゆる部分で同時に認識できる力が備わっています。...
「最近、皮膚をやたらとかきむしって真っ赤になっています」 と、お子さんを心配されているお母さん、お父さんはいませんか? 春の気の特性は「発散」 春の邪気は「風」 冬の間に身体に溜め込んだ老廃物が、毛穴からブワッと噴き出すと湿疹となってあらわれます。 風は体表で暴れて炎症を引き起こしたり、次々に場所を移動して広がっていく性質があります。...

トゥレット症候群について トゥレット症候群はチックの症状が強く出る、脳機能の障がいです。 平均6~8歳、遅くても14歳くらいまでに発症します。...
おはようございます。 札幌 西区 子どもを元気に、ママを笑顔にするセラピスト 小川です。 普段、食べ過ぎないようにし、葉もの野菜の量を増やしましょうとお伝えしておりますが、実は、味付けも大事。 東洋医学には『五味』という考え方があります。...

成長と老化 · 2019/02/25
こんにちは。 札幌 西区 子どもを元気に、ママを笑顔にするセラピスト 小川です。 『発達障がい、認知症、不妊が増えた・・・?』『腎と脳との関わり』の続きです。 本日は腎と不妊の関わりについて。 天癸(てんき) 黄帝内経素問という、東洋医学の基本の基本となる古典の書物に書かれている「上古天真論」一部。...
成長と老化 · 2019/02/24
こんにちは。 札幌 西区 子どもを元気に、ママを笑顔にするセラピスト 小川です。 昨日のブログ『発達障がい、認知症、不妊が増えた・・・?』の続きです。 本日は腎と脳との関わりについて。 発達障がいとは 発達障がいは脳機能障害の一種であり、他の人とコミュニケーションをとったり、普通に社会生活を送ることに困難を感じる場合があります。...

さらに表示する