Q:夜泣きで困っています

いつも夜泣き、という赤ちゃん。

寝る前に何を飲ませていますか?

寝る前まで明かりやテレビをつけていませんか?

毎朝必ず、起こしていますか?

 

たまに夜泣き、という赤ちゃん。

いつもと違うところに出かけませんでしたか?

お客さんが来てにぎやかではありませんでしたか?

お母さん、焼肉やケーキを食べたり、コーヒーを飲んだ後に授乳しませんでしたか?

 

お昼寝をしていますか?

お昼寝をし過ぎませんでしたか?

 

Q:疳の虫(かんのむし)って何?も参考にしてみてください。

 

離乳食を始めたお子さんは、離乳食を早くステップアップさせない。

1歳くらいのお子さんは、夜の授乳をやめてみる。

という手もあります。

 

その子の消化能力は、育児書には書いてありません。

 

うちの下の子は、毎日夜中に起きてはおっぱいを飲み、おんぶされてしばら~くゆすってもらわないと寝ない子でした。

夜中の暗い時間に起こされ、やっと寝たな…と思って、ベッドにおろしたら夜が明けた…なんて毎日。

何で夜泣きをやめたかというと……夜の授乳をやめた。

 

 

赤ちゃんは、1日のリズムがきちんと出来上がっていません。

朝はちゃんと起こし、夜は静かにして刺激を減らしてあげることで、1日のリズムが出来上がってきて、夜も寝てくれるようになります。

 

↑これ、認知症予防でも同じ事が言えます。

 

人間は朝目を覚まし、夜は寝るようにできている生き物なのです。

それを無視して、いつまでもテレビを見たり、スマホを見て、脳に強い刺激を与え続けると、脳は休めません。

 

「代わりに日中寝ているから」「トータルで8時間寝ているから」と、夜更かしが日課になっている人はよく言いますが、夜中は体が修復される時間なのです。

 

休むべき時に休まないと体は消耗していくだけ。

成長もしません。

 

親には些細な刺激でも、赤ちゃんにはかなりの刺激になっていることも。

赤ちゃんはいつまでも赤ちゃんではありません。

 

今だけは赤ちゃんのペースに合わせてあげても良いのではないでしょうか?

 

あれこれ試してみたけれど、どれも効果がない!という方、

小児はり、という手もありますよ。