お味噌汁にユリ根と長芋を加えてみた

葉もの野菜メニューに困った時は、お味噌汁の中に何でも入れてしまう小川家です(笑)

 

昨日の晩はキャベツのお味噌汁。

冷蔵庫の中に、ユリ根と長芋と、使いかけの人参が転がっていたので、入れてみました。

はじめは

「ユリ根って何?根っこなの?」

と恐る恐るな我が子たち。

 

長芋は好きなのでルンルンで食べます。

長芋は胃腸にいいですね~。

 

キャベツが入っているのはいつものことです( ̄ー ̄)v

最近白菜が高くなり、我が家のメインの葉もの野菜はキャベツに切り替わりました。

小松菜率も高いです。

ちなみにおかずは小松菜と油揚げの炒め物でした。(←娘のお気に入りおかずです)

 

ユリ根は、体をうるおし精神を安定させる働きのある薬膳食材ではおなじみの食べ物。

ユリ根と白きくらげを甘~いシロップに付けたスイーツがあるそうですが……。

ユリ根のホクホク感を塩味で食べたい私は、断然、茶わん蒸しに入っているのがお気に入り。

 

というわけで(?)、お味噌汁に入れてみたら、これがよく合うんですね~。

甘くておいしかったです♡

 

子どもたちも、美味し~と喜んで食べていました。

 

お味噌汁はなんでもぶっ込める上に、毎日食卓に出せる品なので、何でも入れてみるといいですよ~。

おかずをあれこれ考える手間が省けます。

 

ズボラな母で申し訳ありません💦

  

でも基本は、葉もの野菜&腹八分目