白菜と小松菜の豆乳スープ

まだ寒い日が続くので、あたたかいスープメニューを。

汁物は水分も補給できて、消化にもよくおすすめです。

 

札幌の西区では小松菜を作っている農家があるため、学校の給食には「これでもか!」という具合に小松菜がよく出ます。

給食の試食会に行くたびに、毎回小松菜が出てくるような…?(笑)

なので、小松菜の嫌いなお母さんは、給食の試食会を遠慮するそうな…( ̄ー ̄;

 

先日の薬膳講座では、小松菜は「陰を増やして、肝・心がバランスを保ちやすくする食材」として紹介されていました。

身体をうるおして、気持ちがフラフラと落ち着きをなくしたり、イライラ・カリカリするのを予防するのにおすすめの食材です。

材料

・白菜

・小松菜

・にんじん

・大根

・鶏肉(モモ肉かつくねがおすすめです)

 

味付け

・塩

・味噌

・豆乳

 

①鶏肉を1口サイズに切って塩を振ります。野菜も食べやすい大きさに切ります。

②深さのある大き目のフライパンで、鶏肉を焼き色が付くまで焼きます。

③にんじんを②に入れて炒めます。

④にんじんがしんなりしてきたら、大根、白菜、小松菜を入れて炒めます。

⑤全体的にしんなりしてきたら、具材が半分ほど浸かるくらいのお湯を入れます。

ダシの素や鶏がらスープなどを使うと、多分塩辛くなってしまうと思うので、お湯で大丈夫です。

⑥味噌を溶かします。(←いつも作っているお味噌汁よりちょっと濃いくらい)

⑦具材がひたひたに浸かるくらいまで豆乳を入れます。

 

煮立ったら完成!!

小松菜も柔らかくなって食べやすくなります。

小さいお子さまにはキッチンバサミで具材をチョキチョキして、小さくしてあげてくださいね。

 

家庭料理はアバウトでいいのです。

↑大根入れ忘れました…。

 

シチューと勘違いして食べたら、びみょ~に違う…という反応が返ってくる…かも?

シチューと違って油っこくないので、胃腸の弱い方におススメですが、大豆アレルギーのある方は要注意。

私も、豆乳の取り過ぎは口の中が痒くなってくるので…、お湯を入れて薄めましたが、全然平気!という方は、豆乳オンリーでもOKです。

 

食養生の基本は→ここ!