Q:キーキー怒りっぽくて、毎日兄弟ケンカばかりしています

ケンカは毎日ですか?

特に新学期がスタートしたとき、運動会などの行事が近づいてきたときなどに増えませんか?

 

たいていは、下の子が上の子にケンカを吹っ掛けていくパターンで始まりますよね…。

(ん?うちだけ???)

 

下の子にとって、お兄ちゃん、お姉ちゃんは八つ当たりする格好の的。

疲れて、

・自分の思い通りにいかない。

・イライラする。

そんな時、一番身近にいて、なんとなく勝てそうな気がする(←勝てないのに!)時に、八つ当たりをしていきます。

 

他の子なら、ちょっと我慢しようかな…と思うことも、お兄ちゃんお姉ちゃんには遠慮しない。

 

実際は、仲がいいんですね。

ケンカを吹っ掛けても大丈夫という安心感があるのでしょう…。

 

上の子にとってはたまったもんじゃありませんけどね(^-^;

 

これで、上の子も疲れて、下の子に加減できなくなっている時は、最悪です。

キーキーギャーギャー終わらないケンカが始まります…。

 

「ママ~」と、助けを求めてきても、我が家は最近、

「とことん話し合ってください。

解決するまでご飯はあげません」

と、突き放します。

 

↑人とコミュニケーションをとっていくための練習です。

最近は兄姉弟妹の人数も減り、一人っ子の家庭も増えてきましたが、子どもの頃からケンカして、話し合って、仲直りをして、社会に出た時の抵抗力を身に付けていくように感じます。

 

うるさいのを我慢して、ケンカを静観してあげるのも、必要かも。

 

気が済むまで話し合ったら、小児はりをします。

若干、火種がくすぶっていますので(笑)

 

これ、放っておくと、突然熱出したり、おねしょしたり、爪を噛んだり…が始まるのです…。

 

お互いストレスなのでしょう…。

 

ストレスはコルチゾールのバランスを乱します。

でも、人が精神的に丈夫に育っていくにはストレスも必要。

 

ただ、ストレスが自分の体の丈夫さに見合っていないと、様々な症状が出てきます。

発熱、おねしょだけではなく、ストレスで円形脱毛症になったり、腹痛を訴えたり、湿疹がでたり…。

 

大人が「え?そんなことで?」と思うことも、子どもにはストレスだったりします。

そんな時に、適切に休ませてあげないと、こんな時はどうしたらいいのか?ということがわかっていない子どものうちは、対処できません。

 

まだ、イライラをぶつけてケンカしているだけのうちに、手をうってあげましょう。

 

我が家の姉弟ケンカ。

下の子が小学校へ上がる前なら、耳の周りを歯ブラシでかるくトントンしてあげていました。

ここは足の少陽胆経の経絡が通るところ。

ストレスは肝の疏泄を邪魔して熱を発生させ、表裏関係にある胆に熱が波及します。

これを歯ブラシでトントンして、瀉法をすることにより発散させるのです。

 

↑なんのこっちゃいな?ですよね( ̄▽ ̄;)

でも、これ、ケンカして頭に血が上っている時にやってあげると、ピタッと静かになります(´艸`*)

 

子どもはまだ腎がしっかりしていません。

腎はカーッと上昇しやすい気を下へ引き下ろしてくれます。

疲れて、腎がしっかりできないと、下で引っぱる力が低下しますので、カーッと上昇します。

腎は、ちゃんとした食生活、睡眠で蓄えられていきます。

 

毎日ケンカが多い子は、一度、生活パターン、食生活の見直しを!

油っこいもの、甘いものが多くありませんか?夜更かししていませんか?

 

たまにかな?という子は、その時何か疲れることはなかったかな?とチェックを。

行事前で忙しかった?親が忙しかった?

 

我が家は、小学校入学直後、運動会前がひどかったですね。

そろそろ学習発表会の練習が始まります。

また、様子をみながら小児はりをしていかなくっちゃ!

 

兄弟ケンカの原因は、性格の問題ばかりではないんですよ~。

気になる方は小児はりへ。