Q:うちの子を病院へ連れて行くのが大変で…

行かなくて済むように、普段から健康管理に気を付けてあげましょう。

↑いや、それは答えになりませんね。

 

お母さんが「泣いたらどうしよう?」「痛そう」「かわいそう」とマイナスのイメージを発していませんか?

 

よく予防接種前に

「痛くないからね」

「ちょっと我慢したらすぐ終わるからね」

と、声をかけているお母さん、おばあちゃんを見かけます。

 

すると子どもは、

え?痛そうなことをするの?

え?我慢するの?

何が始まるの?

 

と、察知します。

 

我が家の場合は…

 

壁に貼ってあるアンパンマンやバイキンマンを見て

「アンパンマンいるよ~」

なんて、注射から気を反らせます。

 

看護師さんはその隙にプスリ。

 

最近の注射針はよくできているので、ん?と気づいたころには終わっています。

 

親も、何事もなかったように涼しい顔をして、待合室へ移動。

 

予防接種が終わっても「ああ~よく頑張ったね」とかほめません。

看護師さんに「お願いしまーす」「ありがとうございました~」と言って終わり。

 

 

いちいち騒ぐから子供は気にするのです。

注射されたことが一大イベントのようになるから、調子ぶっこくのです。

 

ご褒美にジュースなんて買ってあげようものなら、それから毎回、注射の度に暴れて、泣き叫んで手こずらせて、困らせて、ジュースを買ってもらおうとします。

 

なんでもないこと。

と、素知らぬふりをしていればいいのです。

 

そしたら、こんなことでは親の気は引けない。

と、子どもの学習します。

 

うちの子達、病院へ行く=おもちゃで遊んだり、絵本が読めるところ

って感じです…。

それもどーなのよ…と思うのですが…(¯―¯٥)

 

病院へ行っ我慢させる⇒特別扱いをする

をやめてみませんか?

 

もちろんこれは、赤ちゃんの時から、です。

 

そして「刺す」とか「我慢する」とかいう言葉を言わない。

 

「おう!これでバイキンマンに勝てるようになったぜ」

くらいに言っておきましょう( ̄▽ ̄)b

 

基本は、日々の健康管理、体質改善。

お子さまの健康のために、小児はりはいかがですか?