東洋医学は万物のすべてを陰陽五行に分けて考えます。

この世のものはすべて、陰と陽に分けられます。

この世のものはすべて、5つのもの(木・火・土・金・水)からできていると考えます。

季節、方角、臓腑、好む味などを五行に配当した表が、色体表(しきたいひょう)です。

↓これを見ながら診断していきます。(興味のある方はサロンにお越しいただいた時にご質問ください。長くなりますので説明は省きます)

物事の五行属性(色体表)

五行

五方

五行に対応する方角

中央

西

五季

五行に対応する季節

長夏

時間

五行に対応する時間

平旦

日中

日西

日入

夜半

五能

季節の特徴的な働き

五気・五悪

季節ごとの気候

湿

五季の脈

季節に現れやすい脈

洪鉤

代緩

濇毛

滑石

五臓

五行と対応する臓

五腑

五行と対応する腑

小腸

大腸

膀胱

五神

五行と関係する精神活動

意智

魄気

精志

五主

五臓と関係深い部位

血脈

肌肉

皮毛

骨髄

五官・五根

舌診

腹診

五臓と関係深い感覚器

五臓と関係の深い舌の部位

五臓と関係の深い腹の部位

舌辺部

左季肋部

少腹

舌尖部

心窩部

虚里

舌中部

臍周囲

舌尖部

右季肋部

脇胸部

耳・二陰

舌根部

臍下

小腹

五華

五臓の働きを反映する部位

面色

五志・五情

五臓と関係深い感情

憂悲

恐驚

五有余

五臓の気の過剰

経洩不利

喝息

五不足

五臓の気の不足

憂悲

四肢不用

息利少気

厥逆

五色

病状

病気の時の皮膚の色

顔色に関係する病状

五臭・五香

病気の時にする臭い

五味

五味偏食

五臓と関係深い食物の味

五味を変色したときに出る病

筋病

骨病

肉病

気病

血病

五声

病気の時に出す音や声

五液

病気を反映する体液

五役

五臓と関係深い働き

五変

五臓の失調によりあらわれる病変

五労

病因となる生活習慣

久行

久視

久坐

久臥

久立

五音

病気の時の声の高低

角ミ

カ行

徴ソ

タナラ行

宮ド

アヤワ行

商レ

サ行

羽ラ

ハマ行

この色体表をもとに、対応する臓腑、経絡、症状にあうアロマオイルを選び、アロマトリートメントを行っています。

 

肝タイプ

体調不良になると木に当たる部分に病が現れやすい。

春、風にあたる、目の使い過ぎ、歩き過ぎ、酸っぱいものの取り過ぎ、などで不調が起こる。

イライラ、根気がなくなる、筋がつったりピクピク痙攣する、爪がガタガタになったり、顔が青くなる。

おすすめは⇒肝木の香り 


心タイプ

体調不良になると火に当たる部分に病が現れやすい。

夏、猛暑、心労、目の使い過ぎ、苦いものの取り過ぎ、などで不調が起こる。

異常なくらいにはしゃぎ過ぎ、落ち着きがなくなる、高血圧、味覚障害、顔が赤くなる。

おすすめは⇒心火の香り

 

脾タイプ

体調不良になると土に当たる部分に病が現れやすい。

夏の終わり、湿気、食べ過ぎ、座りっぱなし、甘いものの取り過ぎ、などで不調が起こる。

物思いにふけり、あれこれ考え過ぎる、皮膚がたるんできたり、口内炎ができたり、顔が黄色くなる。

おすすめは⇒脾土の香り

 

肺タイプ

体調不良になると金に当たる部分に病が現れやすい。

秋、乾燥した空気や、汚れた空気を吸込む、寝てばかりいる、辛いものの取り過ぎ、などで不調が起こる。

くよくよと悲しみ、鬱々とした気分になる、皮膚の乾燥、呼吸器系の不調、顔が白くなる。

おすすめは⇒肺金の香り

 

腎タイプ

体調不良になると水に当たる部分に病が現れやすい。

冬、冷え、恐怖や不安、立ちっぱなし、しおからい(鹹)ものの取り過ぎ、などで不調が起こる。

ビクビクと怯え、やる気がわかなくなる、白髪や抜け毛、耳が遠くなるなど老化症状、顔が黒くなる。

おすすめは⇒腎水の香り